株式会社アイビス

ホーム 会社概要 製品情報 技術情報
開発事例 人材募集 パブリシティ

利用規約

利用規約


株式会社アイビスモバイル(以下、弊社)の提供するibisBrowserDX/LT/7(以下、本サービス)を利用するに当たっては、お客様に以下の利用規約(以下、本規約)の各事項に同意いただきます。

第1条:用語の定義

  1. 利用者とは、本サービスの提供を当社より受けるために本規約に同意した個人または法人をいう。
  2. お試しモードとは、本サービスを無料で利用できるサービスをいう。お試しモード中は、次の制限がある。
    1. 過去に購入履歴がないユーザについて、ibisBrowserシリーズの初回ダウンロード時刻より1ヶ月間は制限を設けない。
    2. 上項目の「初回ダウンロード時刻」とは各キャリア向けのibisBrowserDX、ibisBrowserLT、ibisBrowser7をすべて含む最も早いダウンロード時刻をいう。
    3. 過去に購入履歴があるユーザの場合および上記第1項の期間経過後は、1日に表示できるページ数に制限がある。
  3. 有料モードとは、本サービスの利用のために利用料を払った利用者が利用できるモードをいう。
  4. 有料サービスとは、有料モードで提供されるサービスをいう。
  5. SIMカードとは、ドコモUIMカード、FOMAカードを含む、電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードの総称である。

第2条:利用料金

  1. 利用者は、当社指定の手順により利用料金を支払い、当社が承諾することで有料サービスを利用することができる。
  2. 料金は、月額課金で315円(税込/月)、年払いで3,000円(税込/年)である。
  3. 月額課金の場合、有料サービス開始日および有料サービス開始月の翌月以降は、毎月一日(ついたち)に1ヵ月分の利用料が決済される。有料サービス開始日が月の途中でも1ヵ月分の利用料が発生する。解約日が月の末日でない場合でも1ヵ月分の利用料がかかり返金されない。有料サービス開始日と解約日が同じ月である場合は、1ヵ月分の利用料が発生する。月額課金の場合、利用者の意思により当社指定の手順で解約する。利用者が解約をしない限り翌月以降は、毎月一日(ついたち)に自動決済される。利用者は、有料サービス開始日から解約日まで、本サービスを有料モードで利用することができる。
  4. ドコモ ケータイ払いにて月額課金契約の場合、ドコモ ケータイ払い利用規約に基づき、契約が解除となる場合がある。
  5. 利用者は、年払いの場合、有料サービス開始日から365日間、本サービスを有料モードで利用することができる。
  6. 年払い契約終結日2週間前より契約更新手続きを行うことができる。年払い契約から月額課金へ更新した場合、年払い契約終結月の末日までの料金が発生する。解約日が年払い契約期間中である場合でも利用料は返金されない。年払い契約から年払い契約へ更新した場合、年払い契約終結日より365日間、本サービスを利用することができる。
  7. 利用者の意思により契約手続きをし、当社が承諾した日を有料サービス開始日とする。
  8. 本サービスの利用にかかるパケット通信料やパケット定額料等は、利用者がこれを負担するものとする。また、それら通信料について当社は責任を負わないものとする。
  9. SIMカードを変更した場合、当社指定の手順にて、変更申請を行うものとする。解約手続きを行わずSIMカードを変更し、変更申請を行わなかった場合に発生する利用料金は返金しないものとする。

第3条:変更の提出

  1. 有料サービスを受けるには、利用者の連絡先を当社に通知する必要がある。
  2. 利用者の連絡先が変更された場合は、当社指定の手順で当社に連絡をするものとする。

第4条:パスワードの管理

  1. 本サービスにパスワードを設定する機能がある場合、利用者はそのパスワードを責任をもって管理する。
  2. 利用者はIDおよびパスワードを適切に管理するものとし、IDおよびパスワードを組織外へ流出・転売してはならない。
  3. 利用者の行為によりIDおよびパスワードが流出した場合、利用者の責任において対処し、当社に損害を与えないものとする。

第5条:書き込み等の管理

  1. 利用者は、本サービスを利用して掲示板、ブログ等に文章を書いたり、写真や動画、音声等を載せたりする(以下書き込み等)場合、下記事項に反しないよう責任を持って利用すること。
    1. 公序良俗に反しないこと
    2. 法令に違反しないこと
    3. 個人のプライバシーを害しないこと
    4. 他人の著作権の侵害をしないこと
    5. 著しく他の掲示板やブログ等の利用者に不快感を与える行為をしないこと
    6. その他、本サービスおよび弊社活動を妨害する行為をしないこと
  2. 当社は、下記の場合に書き込み等の削除をする場合がある
    1. 上記1項の各号に反する行為があったと当社が判断したとき
  3. 利用者は、書き込み等に関する問題を利用者の責任において対処し、当社に損害を与えないものとする。

第6条:禁止事項

利用者は下記の行為を行ってはならない
  1. 本規約に反する行為
  2. 本サービスおよび弊社活動を妨害する行為
  3. 本サービスの利用権利を第三者へ譲渡・転売する行為
  4. 本サービスの技術的解析行為
  5. 当社の所有するコンピュータに不正にアクセスする行為、または、不正にアクセスして情報を取得、情報の破壊をする行為
  6. 法令に違反する行為
  7. 上記各項に準ずる行為

第7条:本サービスの停止

  1. 当社は以下のいずれかの事由が生じた場合、利用者に通知することなく本サービスの全部または一部を停止または中止することがある。
    1. 本サービス提供に必要なサーバマシン、サーバソフトウェア、ネットワーク機器、ネットワーク回線等のシステムに障害が出たとき
    2. 火災、停電または天災地変等により本サービスの提供が困難となったとき
    3. 当社のシステムに不正アクセス行為、アタック行為等が生じたとき
    4. 当社のシステムにより、情報漏えい事故等、利用者および第三者へ損失を与える可能性があるとき
    5. 上記各項に準ずる事由が生じたとき
  2. 当社は以下の事由が生じた場合、利用者に当社ホームページにて一定時間通知後、本サービスの全部または一部を停止または中止することがある。
    1. 本サービス提供に必要な保守または工事を行うとき
    2. 上記各項に準ずる事由が生じたとき

第8条:利用者の意向による解約

  1. 利用者が有料サービスを解約したい場合、当社の指定する所定の手続きをすることにより解約をすることができる。所定の手続きの上、解約の意思が当社に伝わった日を解約申請日とする。
  2. 月額課金の場合、月の途中での解約でも返金されない。
  3. 年払いの場合、残り利用可能残日数がある場合でも返金されない。
  4. 当社の解約処理が完了すると有料モードからお試しモードに変わる。
  5. お試しモードで解約したい場合は、利用者が当社から提供されたアプリケーションを携帯電話端末から削除することで解約できるものとする。

第9条:当社の意向による解約

  1. 当社は下記の事由により利用者のサービスを停止する場合がある。
    1. 利用者が第3条の連絡先の通知および変更通知を長期間怠ったと当社が判断したとき
    2. 利用者が第4条のIDおよびパスワードの管理が不十分であると当社が判断したとき
    3. 利用者が第5条の書き込み等についての管理が不十分であると当社が判断したとき
    4. 利用者が第6条の禁止事項を犯したと当社が判断したとき
    5. 利用者が、破産、または、小切手の不渡り、銀行取引停止、営業停止、仮差押、租税滞納処分などの状態になったとき
    6. 利用者が本サービスの利用料金を支払わないとき
    7. 上記各項に準ずる事由が生じたとき

第10条:本サービスの終了

  1. 下記の事由により当社は本サービスを終了する場合がある。
    1. 当社が破産申し立て、会社清算等のとき
    2. 技術的革新、競合の出現、代替手段の出現等により本サービスの利用価値がなくなったと当社が判断したとき
    3. インターネット環境および携帯電話事業者等のネットワークインフラの変化により、本サービスの提供が困難となったと当社が判断したとき
    4. その他、当社が本サービスの提供が困難と判断したとき
  2. 本サービスを終了するときは、当社は利用者に事前にホームページで通知し、一定期間の後サービスを終了する。

第11条:免責事項

  1. 本サービスの不具合・システム障害等により利用者に損失が出た場合、これを補償しない。
  2. 本サービスの不具合の修正、新機種への対応等のバージョンアップの責を負わない。
  3. 本サービスで保持するデータが消失した場合、これを補償しない。
  4. 本サービスではPC用のサイトをすべて表示することはできない。利用者がお試しモードで確認の上、利用する。
  5. 当社は、利用者が本サービスを利用して書き込み等を行った場合の書き込み等の内容について監視および削除の義務を負わない。
  6. 本サービスを利用して情報を送受信し、通信経路上で情報を第三者に盗聴・改ざん等が行われたとしても当社は責を負わない。
  7. 本サービスの利用により利用者に生じた直接および間接の損害について当社は責任を負わない。
  8. 本サービスにおいて各キャリアで利用可能な携帯端末は、別途ホームページにて対応機種として示されるものに限り、それ以外の端末に対応する義務を負わない。

第12条:知的所有権

  1. 本サービス用に当社が作ったソフトウェアおよび文章、画像、音声の著作権は当社が保持している。
  2. 当社の著作物の引用・紹介を越えた転載、複写、転送、転売、販売、再配布を禁止する。
  3. 当社の所有する商標、意匠、特許等の産業上の権利物の無断利用、転売、販売等を禁止する。

第13条:個人情報の取り扱い

  1. 当社は利用者の個人情報を適切に管理する。
  2. 当社は本サービスの新機能開発および円滑な運営のため、当社と秘密保持契約を交わした業務委託先に利用者の個人情報を提供する場合がある。
  3. 当社は、利用者の個人情報を、国の機関およびそれに準ずる組織により、法令に基づき開示を求められたときは、開示する場合がある。
  4. 当社は本サービスで得た利用者の個人情報を統計的に集計・加工したデータを、公開・販売・営業目的・製品開発戦略に利用する場合がある。

第14条:規約の更新

  1. 当社は本規約を定めることができる。
  2. 当社は、利用者の承諾を得ることなく本規約の全部または一部を変更または廃止できる。
  3. 当社は、本規約の全部または一部を変更した場合は速やかに当社のホームページにて開示する。

第15条:専属的合意管轄裁判所

当社と利用者の間での訴訟の必要が生じた場合は、名古屋地方裁判所または名古屋の簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

附則

(1)本規約を2005年11月21日から実施した。
(2)本規約を2005年12月27日に改定実施した。
(3)本規約を2006年 3月22日に誤字修正した。
(4)本規約を2006年 6月 5日に改定実施した。
(5)本規約を2006年 8月10日に改定実施した。
(6)本規約を2006年11月29日に改定実施した。
(7)本規約を2007年 1月29日に改定実施した。
(8)本規約を2007年 3月 7日に改定実施した。
(9)本規約を2007年 3月23日に改定実施した。
(10)本規約を2007年 7月11日に改定実施した。
(11)本規約を2008年 9月10日に改定実施した。
(12)本規約を2010年12月 6日に改定実施した。
(13)本規約を2011年 7月28日に改定実施した。
(14)本規約を2011年11月24日に改定実施した。
(15)本規約を2016年12月 1日に改定実施した。