おしんさんの北斗の拳3伝承者の道

あなたは通算1486338人目
今週403679人目のお客様です

【連闘】
おしんさん 9552085 2012/11/16 02:51
 
生後6ヶ月目。
この前のことで命に関わることになるから
ということで、先生から案を出されました。
 
今現在、口からチューブを通して呼吸と吸引を
行っているから、痰が取りにくいらしいので
気管切開を行ってはどうかと。
 
そうすれば、吸痰も比較的容易に行うことが
できるし、結果的にひかりちゃんへの負担も
軽くなるだろうということでした。
ただ、ひとつだけデメリットが。
 
気管切開を行うと声が出なくなるんです。
声帯の奥を切開するから、口から空気が上がって
こないので、結果的に声を出せなくなる。
もともと、口からチューブが入っていたんだから
声の出る出ないは変化がないように思えるけど
将来的には…ね。
 
 
それと同時に言われたのが心臓の話。
中隔欠損のため、右と左の心室が完全に隔て
られていないため、せっかく肺から酸素を
もらった血液がからだを循環する前に戻って
しまう。そのため、肺への血流があがり、痰が
発生しやすい状況になっている。
そこで、動脈結束を行い右心と左心のバランスを
とって欠損している部分での血液の行き来を
極力なくしてやると、心臓への負担も軽くなる。
 
 
このふたつの手術を行ってはどうかという話。
もちろん、開胸と気管切開を同時には行えないから
2週間ほど開ける必要があるけど、実質2度の
手術を行わなければならない。
それに加えてトリソミー患者の成功率が6割。
 
これを含めると計5回の手術を行うことになるわけだが
考えてみると常軌を逸している。
 
たとえが不謹慎だが、6割の成功率を5回連続で
クリアしないと即、死につながる確変機のパチ
なんて誰が打ったりするだろうか。
しかも、自分の子供に…
 
毎回、手術についていてやれるのは自分だけだから
せめて俺の確率を全部もってけ!とひかりの手を
握って祈るしかない。
そんな関門をまた2度もくぐらないと行けないのか…
だが、そうしないと危機的状況も変わらない。
 
 
承諾するしかないってわかってはいる。
選択の余地がないってことも理解している。
だけど、何人かいる自分の別な意志のひとりが
ひとこと自身に向かって漏らす。
 
「当の本人じゃないし、意志の尊重もないのに
 親ってやつは簡単に決めれて楽でいいよな」
 
相変わらず口の悪いやつだが、言っていることは
もっともだと思うわ。
どんな理由があるにせよ、結果的に親の意志で
切開するようなものだからな。
だからこそ、それ以外のことには全力で向き合ってやる。
ひかりに比べれば、俺自身に加わる負担なんて
稚戯に等しいからな。
 



最新へ 前へ 次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ