おしんさんの北斗の拳3伝承者の道

あなたは通算1366030人目
今週283371人目のお客様です

【決意】
おしんさん 9552085 2012/10/24 21:46
 
術後、カンファレンスでひかりの状態の説明を受けた。
 
手術は成功し、今日を乗り切れば安定するでしょう
との話しだったが、そこで術が長引いた理由も
説明していただけた。
 
ひかりがこの金沢医科大に運び込まれた時は、
胃に空気が入り込み膨らんだ状態だったんだけど
切開してみたら、胃が破裂していたそうだ。
風船は、大きくなるほどゴムの表面は薄くなり
最後には破裂してしまう、あれと同じことが
発生していたらしい。
そこで、予定していたふたつの手術をする前に
破裂した胃を残った部分で補おうとしたらしいが
薄くなっていて1/3は使えなかったとのこと。
それでもなんとか形成できて胃蝋も設置することができた。
  
もうひとつは、心臓の中隔欠損。
左心と右心の隔壁に小さな穴が空いている病気。
心室中隔欠損症。いわゆる先天的な心疾患らしい。
それは今すぐどうにかしなくてはいけないわけでは
なので、とにかく術後の状況を見ていくしかないと
説明された。
 
その後、ひかりと対面。
1400gという体重で、生まれたばかりの状態で
よくもこれだけの手術を耐えられたもんだ、と。
 
ここを乗り切れたら、俺は何だってやってやるぜ。
最初から最後までクライマックスでふれ合ってやるからな。
 
 
そう誓った後、翌日すぐに来てやれるように
近くのビジネスホテルで仮眠をとることにした。
 
 
ひかりが生まれてまだ3日目の深夜の出来事だった。
 
 



最新へ 前へ 次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ