星海日記

あなたは通算738623人目
今週551354人目のお客様です

星屑詩集
星海雨秋 9384025 2009/01/04 23:36
深く暗い宙を見上げる
満天の星の光の間を
一筋の流れ星が駆け抜ける
そしてまた一つ
ずっとこうして見上げていたい
僕が気付かぬ間に
幾つの星が流れていったのだろう
僕が生まれてから
幾つの星屑が大気圏に身を焦がしたのだろう
星屑詩集が書けるだけの


最新へ 前へ 次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ