サボテンの歌

あなたは通算111936人目
今週29115人目のお客様です

砂漠にて
らじお 7885346 2006/08/18 17:56
乾いていた
太陽の光を避けたくなるのも
もっともなのだ
荒れ果てて、乾いていた
生き物すべてに分け隔てなく
恵みの光を照らす
だが荒んだ心には煩わしい
もっともなのだ
なくては生きられず
しかも煩わしい
矛盾の中に放り込まれ
みずみずしさに
あこがれるようになる


最新へ 前へ 次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ