ゲームは1日1時間!

あなたは通算92580人目
今週30433人目のお客様です

俺VSゲーム その10の3
ペッシ 7250522 2007/01/29 22:35
うーん…やっぱり長くなりましたね…。

で、この際ゲームシステム云々は却下!

ココからは個人的な感想で(笑)

いや最初に「偏見が〜」と書きましたが、まさしくその通りなんです。
当時は美少女ゲーム=クソゲー…とまではいきませんが、とにかく「カワイイ女の子が出てりゃ〜多少ゲームがアレでもOK」みたいな風潮があったんです。
しかし、ときメモは違いました。
徹底的に作りこまれたゲーム性はジャンルは違いますが「グラディウス」に通じるものがあります(まぁPCエンジン版のグラディウス2のスタッフが作ってるから似てて当然なんですが…)

だからこそ、凄い衝撃を受けました。
例えるなら初めてドラクエをしたぐらいの衝撃。

私が今でも覚えてるのは、ときメモが発売する前と後では美少女ゲームの評価が変わった事です。
ときメモ発売前「卒業」というゲームが高い評価を受けてましたが、ときメモ発売後「卒業」と同じ会社が作った「同級生」があまり高くない評価でした。
レビューも「ときメモに比べて〜」と書かれてました。
これは同級生だけでは無く、PCエンジンのソフト全般に言われ続けました。

そして「美少女ゲーム」とゆー言葉から「ギャルゲー」とゆー「1ジャンル」を作りあげました。

今や「ギャルゲー」のスタンダードになった「ときめきメモリアル」

今でもこのゲームを見ると高校時代を思いだします


1. ペッシ (7250522)
2007/01/29 14:15
すみません…あまりに思い入れが強すぎて、まとまりませんでした…orz

何を言いたいのかよく分からない文章ですが(笑)
まぁ〜とにかく「面白いゲームはどんなジャンルでも面白い!」と言いたかったんです。

は〜文章力が足りないなぁ…

2. いんきゅ (6566538)
2007/01/29 17:00
こんばんは、いんきゅです。

コメント頂いてblogを見せてもらいに来たら、何やら面白い題材だったのでヌ

『ときメモ』ですか。確かに今や定着しましたけど、発売当初はかなり衝撃的でしたね。
俺はギャルゲーやる方でしたが、『これはやり過ぎだろ!?』みたいに思って買った友達を始めは馬鹿にしてましたネ

でも、その後ハマったのは言うまでもありません(笑)

長くなってすいません

最新へ 前へ 次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ