気紛れ子猫の幻想日記

あなたは通算230900人目
今週60742人目のお客様です

金色のサーガ124
美佐 5213649 2015/07/02 19:38
正確な軌跡を描いて繰り出した拳は、鈍い音を立てて魔物の顔面にめり込んでいった。

衝撃でよろめいた魔物の足を蹴払い、防がれていた道が漸く開け、駆け出そうとするシールの動きが前方の異変に硬直していった。

シールの双眸に飛び込むダラリと垂れ下がる肢体。

地上から浮き上がった爪先から流れ落ちるどす黒い血液。

擦れた喘ぎ声が生々しくシールの耳に纏わりついてきた。

「カ…ミュ……?」

深紅の双眸がその色を濃く輝かせ、陶酔がちに伏せていた目蓋がゆっくりと上がり、シールを見つめ返しほくそ笑んだ。

カミュを襲った小さな幼体の身体が次第に痩せ干せ、更にその体積を小さなものへと変化させていく。

声にならない驚愕に目を見開いたシールの目前で、灰になっていく様を見せたカミュが、汚れた口元を拭い、静かな声音で囁いた。

「私は魔を生きる糧とする吸血鬼。その事実に背くことは与えられた命を捨てるも同然。シール様、私は生き続けたい」

カミュの強い生命への渇望。

静かに脈動する心音が、新たな力を得て、盛んに体内を巡る。

「行くのか?」

尋ねたシールに頷き、凛とした態度で言った。

「与えられた力を私利私欲に振るうのではありません。魔の非道を食い止めるのも私に与えられた使命かと」

小説ブログランキング
http://novel.blogmura.com/


1. 美佐 (5213649)
2016/07/05 00:52
わぁ!!最後に投稿してから一年も経ってる!?

2. 美佐 (5213649)
2016/09/22 03:52
つか、読んでる人いるん?

3. 美佐 (5213649)
2017/04/23 18:22
39127

4. 美佐 (5213649)
2017/04/27 13:39
39296

次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ