バーボン? 好きだねW

あなたは通算76242人目
今週30988人目のお客様です

ジダン
RYO 1151202 2006/07/11 11:28
『言葉』の使い道・・・
何度も言っているが,プラスにもマイナスにもできる。
刃物のそれとは違い,使用すればするほど『鋭くなる』唯一のものだろう。

当方はサッカーも好きなジャンルのひとつなのだが,ワールドカップ決勝。
多少サッカーに興味がある方ならば,誰もが観たい試合ではないだろうか。

あの試合で象徴するべきポイントは『ジダンの退場』に終始するだろう。
原因はジダン自身はまだ何も語っていない様子だが,姉もしくは,母に対する『娼婦』的な発言,もしくは民族間の問題に通じるらしいが『テロリスト』的な発言をしたとの説が有力。
ジダン自体の責任はほぼ解消されている模様だが,むしろ,発言者の『マテラッツィ』サイドの状況が思わしくないだろう。
そこまでの勝利への執着は理解できるのだが,ほぼ同様のことが,イングランド代表,ルーニーに対する退場擁護により,イングランドプレミアリーグ界からの追放がほぼ確定しているポルトガル代表クリスティアーノロナウドにも言える事だろうが,
なんにせよ,自分以外の何者も侮辱など下等な事をするものではないと考える。
どんな気持ちなのだろうか,そんな事で手にした『勝利』。

果たして美酒に酔えるのだろうか・・・

『責任』は軽い発言からも発生するということが言いたいわけだが,発言者である『マテラッツィ』にも,それ相応の的確な審判が下される事を祈る。

そもそも,ジダンの行った行為が一方的に愚かだと誰が言えるのだろうか?
歴史に名を残すであろう偉大な選手。
成功も失敗も繰り返し,あらゆることを経験した上で,現役最後の神聖な試合で行った,ああいった行為。
ジダンは全てを把握していただろう。
原因はどうあれ,なによりも,どんなことよりも
「守りたかったもの」があったのだろうと思う。
そのなにかの為,
全てをなげうってでも行った行為ではないのだろうか。
そういった意味ではむしろ勇気があるのではないか。そう思いたい。

試合に負けながらも,退場しながらも,それでも『MVP』を取得したジダン。


最新へ 前へ 次へ 最初へ 一覧へ

メニュー
1.プロフィールを見る
2.自分のブログを書く
3.このエントリを元にブログを書く
4.ibisブログへ戻る
5.利用規約を読む
0.ポータルへ戻る

Powered by ibisブログ